▼本文へ

▼総合メニューへ

日本で一番人口が少ない町 早川町日本で一番人口が少ない町 早川町

背景色

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大
  • 最大

注目ワード

笹山付近から
赤沢宿
湯島の大スギ
早川山菜まつり

町政情報

▲このページの先頭に戻る

このページを印刷する早川町ロゴマーク

▲このページの先頭に戻る

(ソート用番号:0910)※4ケタ数字を半角で入力

平成24年4月


平成24年度がスタート

 平成24年度がスタートいたしました。一般会計当初予算約20億3千300万円、国民健康保険、簡易水道事業外13会計特別会計予算約7億500万円の規模で、福祉や健康、教育、環境、活性化に向けた取り組みなどと、町づくり全般に亘って、みんなが安心して暮らしていくための努力を新年度もしてまいります。これらの予算は、皆さんからの税金や国からの交付金で賄われていくだけに、町民の皆さんに、そしてそれぞれの地域に皆さんが生活していくうえでより有効に役立てていかなくてはなりません。
 今年度は、昨年の台風襲来から、この災害復旧を急がなくてはなりません。国から、激甚災害の指定をされました。町にとっては、30年振りという大きな被害が発生しただけに、全ての復旧のための着手が1-2年を要すると思います。一日も早く復旧する努力をまず進めていきます。
 昨年の東日本大地震以来、国を挙げて、時代の転換が始まりだしています。こうした中にあって、早川町も変化の兆しが一歩ずつ近づいてきています。5年後、2017年の中部横断自動車道路の開通、夢のリニアモーターカー建設の工事着手などと町の将来に希望の持てる課題も現実のものとなります。私たちは町づくりにおいて、一日一日を大切にして、将来を見据えて、新年度も積極的に行政推進を図ってまいります。

平成24年4月 町長 辻 一幸

このページに関するお問い合わせ

早川町役場総務課【本庁舎1階】
 〒409-2732 山梨県南巨摩郡早川町高住758番地
 電話:0556-45-2513(直通)
 ●企画・管財担当

前のページへ

▲このページの先頭に戻る