▼本文へ

▼総合メニューへ

日本で一番人口が少ない町 早川町日本で一番人口が少ない町 早川町

背景色

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大
  • 最大
笹山付近から
赤沢宿
湯島の大スギ
早川山菜まつり

企業の方向け情報

▲このページの先頭に戻る

このページを印刷する早川町ロゴマーク

▲このページの先頭に戻る

(ソート用番号:0000)※4ケタ数字を半角で入力

企業版ふるさと納税


1 制度概要

 企業版ふるさと納税とは、国が認定した地方公共団体の地方創生プロジェクトに対して企業が寄附を行った場合に、法人関係税から税額控除するしくみです。
 地方創生の更なる充実・強化に向けて、地方への資金の流れを飛躍的に高める観点から、令和2年度に制度が大幅に見直されました。これにより、損金算入による軽減効果(寄附額の約3割)と合わせて、最大寄附額の約9割が軽減され、実質的な企業の負担が約1割にまで圧縮されるなど、より使いやすい仕組みとなりました。

出典:内閣府企業版ふるさと納税ポータルサイトより


2 早川町の取り組み

 法人が、町の定めた地域再生計画(国に認定されたもの)に記載された『まち・ひと・しごと創生寄附活用事業』に関連する寄附を行った場合に課税の特例措置が受けられます。本町では、以下の計画が認定されました。

『早川町まち・ひと・しごと創生推進計画』(計画期間:地域再生計画認定の日から2025年3月31日)


3 寄附を募集する主な事業

・移住者や地域の若者を受け止めて支える、魅力的で力強い産業の創出事業
・追い風を受け止め、力にした早川への人の流れの促進事業
・若者が子育ての希望をかなえる安心の地域社会の構築事業
・志を育む人材育成と夢にチャレンジできる環境づくり事業
・安心な暮らしを守るとともに、時代にあった地域づくりの推進事業


4 寄附の要件

・1回当たり10万円以上の寄附が対象です。
・早川町内に本社(地方税法における重たる事務所または事業所)のある法人は対象外です。
・寄附を行うことの代償として本町から経済的利益を受けることは禁止されています。(例:寄附の見返りとして補助金を交付する、入札や許認可で便宜を図る等)


5 企業様にとってのメリット

・社会貢献に取り組む企業としてのPR効果が期待できます!(SDGsの達成など)
・早川町との新たなパートナーシップの構築!
・地域資源などを活かした新事業展開の可能性!

   


6 ご寄附の流れ

1. ご寄附の依頼、ご相談【企業様→早川町】
   
2. ご寄附のお申し出、寄附申出書(早川町企業版ふるさと納税寄附申出書)のご提出
   【企業様→早川町】  
※電話0556-45-2513(早川町役場総務課企画・管財担当)
※メール送信先 soumu@town.hayakawa.lg.jp
寄附申出書

3.ご寄附の払い込み方法の案内【早川町→企業様】
    町から企業様へ寄附の払い込み方法をお知らせします。

4.ご寄附の払い込み【企業様→早川町】
    企業様から町へ寄附金を納付します。なお、寄附金の総額は事業費の範囲内となります。

5. 受領証の交付【早川町→企業様】
    町がご寄附を行った企業様に対して受領証を交付します。

6. 税の申告手続き【企業様】
    受領証に基づき、申告時に「企業版ふるさと納税(地方創生応援税制)』の適用がある旨をご
  申告ください。

早川町企業版ふるさと納税概要チラシ

   


このページに関するお問い合わせ

早川町役場総務課【本庁舎1階】
 〒409-2732 山梨県南巨摩郡早川町高住758番地
 電話:0556-45-2513(直通)
 ●企画・管財担当(内線127)

前のページへ

▲このページの先頭に戻る