▼本文へ

▼総合メニューへ

日本で一番人口が少ない町 早川町日本で一番人口が少ない町 早川町

背景色

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大
  • 最大
笹山付近から
赤沢宿
湯島の大スギ
早川山菜まつり

町民の方向け

▲このページの先頭に戻る

このページを印刷する早川町ロゴマーク

▲このページの先頭に戻る

(ソート用番号:0000)※4ケタ数字を半角で入力

早川町内小中学校 昔の校歌集

かつて早川町にあった学校の校歌集です。

このページの資料は、『早川町歌集』(平成2年3月、早川町教育委員会発行)からとりました。

五箇尋常高等小学校 校歌
作詞・作曲 臼田金勢
1
 
千古に映ゆる霊峰の 七面山を仰ぎつつ
清き天地を揺籃に 生まれ出でたる友達よ
2 彼の聖人の筆の跡 深く埋むる下草に
不朽の教え今も尚 我等が胸に芳しや
3 努めよ励め共々に 磨きて玉も光あり
行く手を照らす光明は 永久に輝く望みなり

 

三里尋常高等小学校 校歌
作詞 向井房恵
作曲 坂口五郎
1
 
万の国をよするちょう 御代のしるしのふじの峯を
領する甲斐の南西に 生をうけたるわれらなり
2 心三里の春秋に 日々のつとめをいそしみて
学のみちにいそしまん 深山は人をつくるなり
3 滝も清き早川に 結ぶむつみのいやふかく
心身ながらたけくして よき国民とねごうなり


硯島尋常高等小学校 校歌
 
1
 
白雲悠々 去来する 七面山を 仰ぎつつ
流れも清き 雨畑の 其の気を受けし 我等なり
我等の鏡 校訓を 服膺し 誉をあげん 硯島学校の
2 それ深山は 英雄を それ大澤は 豪傑を
生むと古言を 其のままに 膽に銘じて 奮い立ち
百折不撓の 我等の志 誉をあげん 雨畑硯の それの如

この校歌には楽譜(数譜)が残っています。

校歌の数譜
 

それを普通の楽譜にすると次のとおりです。

校歌の楽譜
 

このページに関するお問い合わせ

早川町教育委員会教育課【町民会館内】
 〒409-2713 山梨県南巨摩郡早川町保509
 電話:0556-45-2547(代表)/ファクシミリ0556-20-5001

前のページへ

▲このページの先頭に戻る