▼本文へ

▼総合メニューへ

日本で一番人口が少ない町 早川町日本で一番人口が少ない町 早川町

背景色

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大
  • 最大

注目ワード

笹山付近から
赤沢宿
湯島の大スギ
早川山菜まつり

町民の方向け

▲このページの先頭に戻る

このページを印刷する早川町ロゴマーク

▲このページの先頭に戻る

(ソート用番号:0000)※4ケタ数字を半角で入力

新型コロナウイルスワクチン接種について

 新型コロナウイルスワクチンは、新型コロナウイルス感染症による死亡者や重症者の発生をできる限り減らし、結果として新型コロナウイルス感染症のまん延を防止することが期待されています。
 現在国が、安全性・有効性の審査を行った上で、全国的に接種を実施していくことが進められています。詳細については、首相官邸ホームページ(外部サイト)、厚生労働省ホームページ(外部サイト)をご覧ください。
 早川町では、国が示すワクチン接種の実施スケジュールに基づき、国や山梨県と連携して、町民の皆様が、安心安全にワクチンを接種することができるよう、接種体制の構築を進めています。
 現在の状況は下記の通りです。接種開始日や接種会場の詳細につきましては、決まり次第、早川町のホームページの更新、広報はやかわ・防災放送などにより随時お知らせします。


接種体制の概要


接種対象者・接種順位・接種開始時期

 原則、早川町に住民票のある16歳以上の方が対象となります。やむを得ない事情があり、住所地外接種を希望する方は、下記●住所地外接種についてをご覧ください。
 総人口が概ね1千人程度未満の市町村については、希望する高齢者数を上回るワクチンの供給が得られた場合、接種順位にかかわらず、高齢者以外の接種対象者に接種を行うこととして差し支えない、という国からの通知の下、早川町では接種順位を65歳以上・64歳以下とし、接種を進めていく予定です。

順位 対象者 接種券(クーポン券)発送時期 接種時期

医療従事者等
(新型コロナウイルス感染症患者(疑い患者を含む)に直接医療を提供する施設の医療従事者など)

医療従事者については、県が準備を進めています。

令和3年2月中旬~

65歳以上の方
(昭和32年4月1日以前に生まれた方)

令和3年3月22日発送

①令和3年5月9日・5月30日
②令和3年5月16日・6月6日
※予約受付は終了しています。

64歳以下の方
(昭和32年4月2日以降に生まれた方)

令和3年4月以降(予定)

決まり次第お知らせします。


注)妊婦の方の接種に対する国の考え方は「新型コロナワクチンについてのQ&A」(厚生労働省ホームページ/外部サイト)をご覧ください。


ワクチン接種に関する同意と費用

・新型コロナワクチンの接種は、強制ではありません。接種を受ける方の同意がある場合に限り、接種が行われます。予防接種を受ける方には、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスク双方について理解した上で、自らの意思で接種を受けていただきます。接種を受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。

・接種費用は無料です。


ワクチン接種回数および予約方法

・約3週間を空けて2回接種となる見込みです。注)ワクチンの種類により接種間隔は異なります。
・早川町内でのワクチン接種は、電話や窓口での完全予約制となります。 
 


接種を受けられる場所

原則、住民票のある市区町村での接種となります。

・個別接種:町内に医療機関がないため、町では実施いたしません。かかりつけ医の元での接種
      を希望する方は、かかりつけ医と相談の上、医療機関へ直接ご予約ください。
・集団接種:都川診療所(西山・三里・都川地区住民対象)
      早川町役場(硯島・五箇・本建地区住民対象)

注)やむを得ない事情があり、住所地外接種を希望する方は、下記●住所地外接種についてをご覧ください。


住所地外接種について

 原則、住民票のある市区町村での接種となりますが、やむを得ない事情による場合は、お住まいの市区町村で住所地外接種届出済証の発行申請をすることで、お住まいの市区町村でワクチン接種を受けることができます。
 やむを得ない事情で住民票所在地以外に長期滞在している方の中で、お住まいの市区町村へ「住所地外接種届出済証」の申請が必要な方は以下となります。
・遠隔地へ下宿している学生
・町外で生活しており、接種日に早川町に来ることが難しい方
・単身赴任者 等

入院・入所中の方、基礎疾患があり主治医の下で接種する方は、お住まいの市区町村への申請は不要です。
注)国から示される指針により、今後変更となる可能性があります。


ワクチンの効果と副反応のリスクについて

 国では、ワクチン接種に関する情報を随時提供しています。ワクチンの有効性・安全性について(厚生労働省ホームページ/外部サイト)新型コロナワクチンについて皆さまに知ってほしいこと(首相官邸ホームページ/外部サイト)をご覧ください。


接種を受けた後に副反応が起きた場合の健康被害救済制度

・救済制度では、予防接種によって健康被害が生じたために、医療機関での治療が必要になった場合や障害が残った場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)を受けることができます。
・現在の救済制度の内容は、「予防接種健康被害救済制度」(厚生労働省ホームページ/外部サイト)をご覧ください。


早川町からのお知らせ

<全戸配布>
●令和3年3月10日
 新型コロナウイルスワクチン接種について

<65歳以上の方>
●令和3年3月22日発送
 接種券
 新型コロナワクチン接種のお知らせ
 県・国のコールセンターのお知らせ

●令和3年4月8日発送
 新型コロナウイルスワクチン接種実施のお知らせ
 ファイザー社製ワクチン説明書


相談窓口

・早川町役場 福祉保健課
 ワクチンの接種場所・予約方法や接種券等の発行・郵送に関する相談窓口
 電話番号:0556-45-2363
 受付時間:午前8時30分から午後5時まで(平日のみ)

・山梨県新型コロナワクチン専門相談ダイヤル
 (山梨県新型コロナワクチン専門相談窓口/外部サイト)                            
 ワクチンの効果・安全性や接種時の注意点等の疑問、接種後に副反応が出た場合の相談窓口
 電話番号:0552-23-8878
 受付時間:午前8時30分から午後8時30分まで(土曜日・日曜日・祝日も対応)

・厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター
 (厚生労働省新型コロナワクチンに関する相談窓口/外部サイト)
 新型コロナワクチンに関する厚生労働省の電話相談窓口
 電話番号:0120-76-1770(フリーダイヤル)
 受付時間:午前9時から午後9時まで(土曜日・日曜日・祝日も対応)

前のページへ

▲このページの先頭に戻る