▼本文へ

▼総合メニューへ

町政情報

▲このページの先頭に戻る

このページを印刷する早川町ロゴマーク

▲このページの先頭に戻る

(ソート用番号:0110)※4ケタ数字を半角で入力

平成30年7月


情報化時代、町の宣伝力を考える

情報化時代、町の宣伝力を考える

 早川の夏、本番を迎えようとしています。緑の南アルプス邑の夏、山に、自然体験に、今年も涼を求めて大勢の人たちが訪れてくれると思います。町では熱い夏らしく元気に人々を迎えたいと思います。
 4月にリニュアルオープンした「南アルプスプラザ」も町の総合観光案内所を加え、これからどんな反響があるか期待したいと思います。早川町の玄関口、いずれにしても町へ入っての第一印象の場所だけに、勤める職員はもちろんのこと、町として大事にしていかなくてはなりません。オープン以来、訪れる人たちの意見も聞きながら、これから先に向かって「さすが早川町だ」と言われるくらいに、みんなに喜んでもらえる所になるように充実を図っていきます。
 今は情報化の時代、早川町に寄せる関心事もいろいろの情報媒体を通じて高まってきている昨今です。情報発信の効果は、町への関心事につながり、町への入り込みを大きく左右する時代に入っていることを痛感いたします。町の宣伝力強化をも図っていかねばと考えるところです。パソコンやスマホを開くと町のホームページから始まり、最近町で作って公開している動画配信サイトの「ユーチューブ」での早川の空からのPR動画や、また訪れた人びとが自分たちで町の見どころを写真や動画にして紹介してくれているコーナーも何か所も目に入ってきます。これからも町として大いに情報力を駆使して、町の情報を広く伝えていきたいと思います。機会あるごとにいつも新しい情報を出し続け、多くの人に町の動きを知ってもらうことは、町を訪ねてみたくなる最初のきっかけになることは間違いありません。
 町民一人一人が町の宣伝マンになって訪れてみたくなる町を目指そうではありませんか。

 平成30年7月 町長 辻 一幸

前のページへ

▲このページの先頭に戻る