▼本文へ

▼総合メニューへ

町政情報

▲このページの先頭に戻る

このページを印刷する早川町ロゴマーク

▲このページの先頭に戻る

(ソート用番号:0890)※4ケタ数字を半角で入力

平成24年6月


「やまなし水源地ブランド推進協議会」発足

 森を生かす「やまなし水源地ブランド推進協議会」が発足しました。官,産,民,学が連携して森を活性化させていくことを目的としてスタートいたしました。
 町村では水源地に位置する早川町、丹波山村、道志村の生産地で木材提供を、産業界では、県内で木ネットやまなしと大手事務機メーカー(株)イトーキが協働で製品加工と販売を、学においては、デザインなどで県内大学生や若手デザイナーのアイデアを、そして、民では、全体の事務局を公益財団法人オイスカが担ってくれます。
 早川町は、眠っている民有林の再生に町単独で取り組みだしています。荒廃した林を生き返らせ、守ることは、山村の使命でありますが、木材価格の長い低迷で、個人も、行政もなかなかここまで手の届かないことが続いてきた現状です。せっかく植えた木を育てても価値にならない悪循環が、森林林業の後退を招いてきただけに、森林をしっかり育てることから、その木材を建築材に、加工して商品に、そして、販売にという価値を生む新たな循環をつくり出していくことが森林の再生と活性化に繋がると信じます。
 このたびの協議会は、各部門の横断的な繋がりのこれまでにない組織であり、新たな連携の中で、私たちの町にとっても森林の町として何かを見出していくことを念頭に、森林組合と連携しながら目的に向かって努力いたします。

平成24年6月 町長 辻 一幸

前のページへ

▲このページの先頭に戻る