▼本文へ

▼総合メニューへ

観光情報

▲このページの先頭に戻る

このページを印刷する早川町ロゴマーク

▲このページの先頭に戻る

(ソート用番号:1100)※4ケタ数字を半角で入力

新倉の糸魚川-静岡構造線


国指定天然記念物 (指定日H13.8.13)

新倉断層

糸魚川―静岡構造線は、新潟県糸魚川市から長野県諏訪市、山梨県早川町を経て静岡に達する。日本列島中央部を横断し、東北日本と西南日本とを分ける延長250kmにも及ぶ大断層である。ナウマンによりフォッサマグナと名付けられた地域の西側の境界を画している。近年では、北アメリカプレートとユーラシアプレートを画するプレート境界であるとする学説もあり、極めて重要な断層でもある。
山梨県早川町新倉の内河内川左岸には、糸魚川-静岡構造線の逆断層が見事に露出している。断層の西側は、先新第三系瀬戸川層群の黒色粘板岩、東側は、新第三系中新統の凝灰岩類からなり、西側の古い地層が東側の新しい地層の上にのし上がっているのが明瞭である。
わが国でも第一級の断層である糸魚川-静岡構造線が典型的に見られる場所として貴重である。

新倉断層の説明図

所在情報

見学自由
所在地:早川町新倉字明川2913-1
問合先:早川町教育委員会TEL0556-45-2547
(8時30分~17時15分、土・日・祝日は休み)

前のページへ

▲このページの先頭に戻る