▼本文へ

▼総合メニューへ

町政情報

▲このページの先頭に戻る

このページを印刷する早川町ロゴマーク

▲このページの先頭に戻る

(ソート用番号:0081)※4ケタ数字を半角で入力

令和2年2月


正月の町の話題

 年の初めの正月も終わり、立春も過ぎました。一月の町の話題です。

 今年の町の成人式は、久しぶりに二桁の13人の成人式でした。門出を祝う保地区の獅子舞の祝いや、式に出席していただいた中学時代の恩師、保護者を囲んでの思い出話に花が咲いたようでした。新時代を堂々と生き抜いて健康で頑張っていってくれることを期待いたします。
 ・災害にあっている雨畑川流域と雨畑湖の本格復旧が始まります。第一回の説明会が本村区で行われました。土砂に埋まった本村バイパスの復旧に合わせて、880メートルにわたってこの嵩上げをしてバイパスを堤防化して、本村集落の安全対策を急ぎます。併せて、雨畑湖からの土砂の浚渫をも急ぎます。
 ・早川ジビエが国産ジビエとして国から認証を受けました。国の認証は10番目で、関東地区では第一号です。品質の向上に努め町の特産品として、多くの人に美味しいシカ肉を提供できるよう、自信をもって生産の拡大を図ることがこれからの町の課題です。
 ・南アルプスユネスコエコパーク登録5周年記念式典で、早川町の取り組み、「NPO早川エコファーム」の取り組みが発表され好評を受けました。町が進めている上流文化圏構想に基づく内容で、自然との共生、地域文化の掘り起こし、都市との交流などを目的として耕作放棄地の整備、自然体験教室、早川集落のみそづくりの復活等、エコパークとしての取り組みと町の上流圏構想が着々と前進しています。
 ・令和元年度ふるさとづくり大賞奨励賞が総務大臣より授与されました。
町の受賞内容は、山村留学、教育費の無償化、複式学級解消等、早川教育の充実による教育行政の評価をいただきました。

令和2年2月      町長 辻󠄀 一幸

前のページへ

▲このページの先頭に戻る